広島から神奈川の病院に実習に来た研修医の碓氷は、脳腫瘍を患う女性ユカリと出会う。外の世界に怯えるユカリと、過去に苛まれる碓氷。心に傷をもつふたりは次第に心を通わせていく―。実習を終え広島に帰った碓氷に、ユカリの死の知らせが届く。彼女は死んだのか?ユカリの足跡を追い、碓氷は横浜を彷徨う。驚愕し、感動する、恋愛ミステリー!第8回広島本大賞、第4回沖縄書店大賞、第1回一気読み大賞、3冠!
FullSizeRender
というお話です。
ついつい手に取る作家さんです。
確かお医者さんだったかな?医療系の作品が多いです。

この作品はプロローグ、前編、後編、エピローグとなっており、プロローグでは結末に向けて鬼気迫る感じからスタートします。 が、前編では人の儚さや脆さを甘く切なく書かれ良い感じ。あーきっとここでの出来事に対して後半は暗い感じになって行くかな?と思いながらの読み進みますが、なんか謎ときに終始しているうちに、なるほどねっと思いながら結局エピローグでふーんって感じで終わります。
大変読みやすく分かりやすい文章であることが却って感動を強いてくる感じがしてきまして、前編の終わりではいいなーと思ったのですが、最後まで読むと
若者のピュアな恋愛話を素直に受け取れない自分もおりました。

主人公の元カノも出てくるのですが、この娘が一番良い娘だなと思い、エピローグの1年後主人公はどうなっているんだろうか?また絵なんか渡された日には、、、と思うとこれまた切ないなーと思いました。


きっと映画化されると思います。