行動心理学を用いて相手の嘘を見破る美人刑事“エンマ様”こと、楯岡絵麻。強盗殺人事件が起こり、事件翌日に署内で拳銃自殺した刑事・宮出が犯人とされたが、同期の綿貫は、真面目で気弱な宮出の犯行を信じられず、独自で探りはじめ…。女子大生の失踪、アイドルの他殺体、歪んだ愛が引き起こす様々な事件を絵麻が捜査するなか、やがて綿貫は宮出の痛切な思いに辿り着く

という話。

シリーズ5作目です。
気づけば前回のサッド・フィッシュ 行動心理捜査官・楯岡絵麻 佐藤青南から2年も放置してたら今作以外にもあと2作も出ていました。

さて、今回も大変読みやすく。最後はしっぽりしました。綿貫いい奴だった。あと彼の先輩の筒井も最後は良かったな。

という事でこの後2冊もこのシリーズできっと今年は終わります。



IMG_1006